キビレのお刺身が独特で美味しかった件!

料理

こんにちは。さんくんです。

先日人生初のキビレが釣れました。

釣りの様子はこちらの記事をご覧ください。

この巨大キビレを食べてみました。

キビレ

キビレとはチヌ(黒鯛)の仲間であり、スズキ目タイ科クロダイ属分類されます。

ということで、鯛ですね。美味しいはず!

ただ、チヌやキビレって河口の汚いところでも優雅に泳いでいるイメージがあります。

なので、匂いとか気になります。

ただ、今回釣った場所は港の中、水も綺麗なのできっと美味しいだろう。

料理開始

まず、頭を下ろして、内臓を取り除き、うろこを取ります。

※キビレはヒレが鋭いので最初にハサミで切った方が良いです。

うろこ取るときに便利なのがペットボトルのキャップです。包丁より気持ちよく取れます。

綺麗にとったら、三枚に下ろしていきます。

下ろして、皮を剥いだら刺身用に切ります。

鯛!ということで、鯛飯もつくります。

  • 醤油
  • にんにく
  • ごま油

を入れて炊きました。目分量。

完成!

いただきます!ぱくっ

んんん?

弾力がすごい!臭みなし!おいしい!

グミみたいなお刺身。

今まで食べたお刺身の中で最も弾力があり、食べてる感がありました。

臭みは全くないので美味しかった~

毎日食べよっと。

他の料理ブログはこちら

釣りブログはこちら


コメント

タイトルとURLをコピーしました