YouTubeの編集スピードを早めるための環境づくり・デスクと編集用モニターの購入

日常のいろいろ

こんにちは、さんくんです。

秋が近づき魚が釣れる日が多くなってきました。つまり、YouTubeにアップする動画の素材が集まる頻度が高くなってきました。

しかしながら、素材をずっと溜めておくことはできません。容量がないため。

どんどん編集してYouTubeに予約アップロードしていく必要があります。

今のままでは、素材が溜まるペースに編集が追いつきません。

ということで、編集スピードを上げるため編集部屋を作りました。

従来

私は、MacBook Airというコンパクトなパソコンで今まで編集をしていました。

こんな感じで

マウスもないし画面も小さい。テロップを入れるのも大変です。

小さい画面だと、動画・テロップ・音楽の3段階までの表示が限界なので、二重に音声を入れる際にスクロールしないといけなかったり、時間がかかっていました。

編集環境の改善

そこで!編集環境を変えよう!と思い切った行動にでました。

まずは画面の小ささを何とかしたい。ということで編集用モニターの購入。

この画面をMacBookと繋げて大画面で編集する戦法である。

といきたいところですが、MacBookにはHDMIの差し込み口がないんですよね・・

なので変換アダプターを購入。

よし、これで大画面で作業できる。あとは、この画面を置く場所の確保。

私の家には、デスクがありません。椅子付きのデスクで一番安いものは・・・

上の画像だと確かにピンクだな・・あの、スマホで見た時は木の色だったんですよ。ちゃんとナチュラル木目という色で木の色をイメージするじゃないですか・・

ピンクやん!(笑)

おっと忘れてはいけないマウス!

静音マウス!

一気にAmazonでポチりました。

まとめ

揃いました!こんな感じです。

良い!明らかに編集スピードが上がりました。

やはり大画面はいいな〜

今回のお買い物の元が取れるくらい編集頑張るぞ!

ただひとつ、椅子が硬くてお尻が痛くなる。

我慢我慢。

他の釣りブログはこちら

YouTubeはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました