初心者でも釣れるアジング入門

釣り

私は、アジング初心者です。釣れました。なので初心者でもアジングは釣れるということです。

私がアジングについて語れば自然と初心者のための記事になるのではないでしょうか?

ということでアジング初心者が書いた初心者でも釣れるアジング入門をどうぞ!

アジングってなんぞや

アジングとは、ライトタックルでアジという魚を釣る行為だと思います。

餌は使いません。主に「ワーム」というものを使用します。

ですので、手は汚れません。

皆さん、「アジ」という魚はですね、美味しいんですよ!食べたことがない人は絶対にアジングで釣って食べてもらいたいです!

道具

用意するものはこれだけです。

  • 竿
  • リール
  • ライン
  • ワーム

では、僕がアジングで使用している道具をご紹介します。

竿

私が愛用しているのはいうまでもない。

鱒レンジャー赤です!

sp50の種類です。

鱒レンジャーは小さい魚でもよく曲がって面白いです。

もちろんアジング用の竿もたくさんあります!些細なあたりが竿によって違うので自分の好みの竿を選びましょう。

リール

私はエギング用のリールである「エメラルダス」を使用しています。

理由は色が好きだからです。また、滑らかにまわるので非常に気分が良いです。

初心者にお勧めな番手は2,000番らしいですよ。月下美人とか人気ですよね~

ライン

僕はpeラインの0.6号を使用しているのですが、アジングもいろいろ深いみたいですよ!

ナイロンやフロロなどそれぞれメリット・デメリットがあります。

太い糸だと魚に気づかれて食いが渋かったり、細すぎると切れてしまったり。こればっかりは自分でいろいろ試してみる方が面白いと思います。初心者の僕は、peライン0.6号で上等や

ワーム

ダイソーとセリアで充分です。

他にも、レインズというワームでよく釣れますぞ

これです!

釣り方

まず、キャストします。

最初は表層をゆっくり巻いていきます。活性が高いときはこのやり方が最も釣れると思います。

釣れなかったらレンジを変えます。キャストして3秒待ちます。ただ巻でも良し、ちょんちょんでも良しです。

それでもだめだったら、着底させて同じことをしましょう。

食いが渋いタイミングと、めっちゃ食ってくるタイミングがあります。僕は、まだその違いがつかめていないので運に任せてます。(笑)

実際に釣りしている様子はこちら

あとは、場所が一番大事だと思いますね。

いなきゃ釣れん

いそうなポイントはなんとなくわかりますよね。常夜灯がある場所が強い。その中でも黄色い光を放っている常夜灯は強いイメージがあります。

まとめ

アジングを始めるとなかなか帰れないので注意が必要です。

はまるんですよね。独特な中毒性があります。

気を付けてください。

あんまり参考にはならなかったと思いますが、他にも参考にならない記事を書いていますのでご覧ください。こちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました